妊娠中は2倍の葉酸が必要になる

妊娠前、妊娠中が赤ちゃんの発育のため細胞分裂が活発になります。そのため2倍の葉酸が必要になってくると言われています。

妊娠0週目から7週目に

細胞分裂期と言われており、お母さんのDNAから増殖した細胞が赤ちゃんの脳や内蔵、脊髄をつくります。この細胞分裂期に、葉酸が重要で大事な働きを担っているのです。

葉酸が細胞分裂期に不足するとどうなる?

赤ちゃんの脳や脊髄への障害リスクが高くなります。葉酸不足になると、正常な脳や脊髄を形成する働きが上手く機能しなくなり、脳や脊髄の基である神経管が欠損し、神経管閉鎖障害を発症しやすくなります。これが原因となり、体の奇形、先天異常のリスクが高くなると言われています。

食事で葉酸は補えないの?

神経管閉鎖障害のリスクの低減効果が確認されていることは、葉酸に含まれているモノグルタミン酸型の葉酸になります。これを1日に必要な分摂取することは困難なことです。食品に含まれる葉酸が水や熱に弱く、調理の段階で破壊されてしまいます。だから、葉酸サプリを飲むことが厚生労働省が推奨しています。

さらにつわりなどで食べられない時も

つわりがひどく、食べれない時でも葉酸サプリを飲むことで1日に必要とされる栄養素をしっかり摂ることができます。

葉酸サプリを飲む期間はどのくらい?

葉酸は妊娠中に限らず、体の健康や美容にもいい栄養素なのでどのくらい飲む必要があるかということはとくにありません。基本的には、妊娠前から妊娠4ヶ月でがいいとされています。

安全な葉酸サプリを選ぶには?

まずは、厚生労働省が推奨している(モノグルタミン酸型)であること。1日あたりの摂取量を満たしていること。

次に、天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸サプリであること。天然由来の方が体の負担にならないことから天然成分から変換された葉酸サプリを選ぶことです。

最後に、ビタミンB12が配合されている葉酸サプリです。葉酸と協力関係にあるビタミンB12ですので同時に摂取することが望ましいとされています。妊娠中に貧血予防にも必要な成分になります。

葉酸サプリ